雨の日プログラム

スタッフ さゆです

東京に行っていました

国立オリンピック記念青少年総合センター

全国にある自然の家の親分と

聞いています

行ってみたらこんな感じ

うちにもある!この旗!

何をしに行っていたかと言うと

こども身体運動発達指導士の勉強会


子ども・カラダ・運動・発達

私の気になる言葉の羅列に

テンションアゲアゲ!!


防府市こども遊ばせ隊わいわいでは

幼児の自然体験を企画しています

が、雨の時・・


製作活動がメインになりがちです

でも、動くのが好きな子どもたち

製作だけじゃ・・・ね


ということで、雨の日プログラムを

充実できるかなあ~と思っての勉強会


足育の養成で

「幼児運動学」を学び

とっても興味を持っていたし♪


昨年から幼稚園教育要領も改訂され

今の時代、今の子どもにあった

関わり方が見直されています


今の子どもはどんなことに躓いているのか

どんな関わり方が必要なのか


子どものしたいことあっても

幼児期って、決定権は親にあります


親がやらせたいから

運動教室に来て、やりたくないとごねる子ども

叱咤激励する母

よく見かけます


いやいやしても楽しくないし

子どもも親も疲れるだけ


なんでやりたくないのか

どうしたら参加したくなるのか


運動指導そのものだけじゃなく

時代背景や、心理学、生活背景含め

学んできました


インプット、インプットで

頭はパンクしていましたが

楽しすぎる~!


実技では色々なことをしましたが

一番の難関

縄跳びでダブルダッチ(;'∀')


参加者様

ほとんど現役指導されてそうな

筋肉隆々、運動できそうな方


私、身体動かすの好きですが

子どものころから特に運動経験のない人

まあ、苦労しました


わいわいの雨の日プログラム

子ども参加して、親見る

もしくは

こどもレベルで一緒にする


・・・じゃなくて

大人の経験値に合わせて

親も本気でしてほしいです


子どもはいつも新しいことに取り組んで

こんなに頑張ってるうだな~と

出来ない気持ち・頑張る気持ちに寄り添えます!


親が本気で頑張る姿を見せるのも

また、こどもにはいい経験かと


運動する子どもと、しない子の二極化が

言われ現代です

自然体験と一緒に

身体を動かすのが苦手な子が

動くのが好きになる

そんな窓口になりたいです


雨は降ってほしくないけど

雨でも楽しい

安定したプログラムを提供したいです

防府市こども遊ばせ隊 わいわい

山口県防府市からはじまる 幼児向け自然体験イベントを企画するママの会

0コメント

  • 1000 / 1000